助成金事業

. 令和元年度 産業保健関係助成金について(ご案内)

  • 「令和元年度 産業保健関係助成金」が機構本部HPにアップされています。

※まずは、申請にあたっての留意事項をご確認ください。

・詳細はこちら ⇒https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1388/Default.aspx

※続いて、ご利用予定の助成金をお選びください。

・詳細はこちら ⇒https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1389/Default.aspx

  • 治療と仕事の両立支援助成金(環境整備コース)

事業主の方が「両立支援環境整備計画」を作成し、計画に基づき新たに両立支援制度の導入を行い、かつ、両立支援コーディネーターを配置した場合に助成を受けることができる制度です。助成金額は、1企業又は1個人事業主当たり一律200,000円。ただし1企業又は1個人事業主当たり将来にわたり1回限り助成されます。

(1)治療と仕事の両立支援助成金(環境整備コース)の手引き(令和元年度版)

(2)治療と仕事の両立支援助成金(環境整備コース)支給要領

(3)治療と仕事の両立支援助成金(環境整備コース)の概要

(4)申請様式のダウンロード(環境整備コース)

(5)「治療と仕事の両立支援助成金」に関するQ&A(共通)

(6)提出書類等の注意点 【治療と仕事の両立支援助成金(環境整備コース)】

・詳細はこちら ⇒https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1382/Default.aspx

治療と仕事の両立支援助成金(制度活用コース)

事業主の方が両立支援環境整備計画期間内に事業所に配置されている両立支援コーディネーターを活用して両立支援プランを策定し、対象労働者に適用した場合に助成を受けることができる制度です。助成金額は、1企業又は1個人事業主当たり一律200,000円。ただし、対象労働者が有期契約の場合、1事業場当たり将来にわたり1回限り、対象労働者の雇用期間に定めのない場合、1事業場当たり将来にわたり1回限り助成されます。

  • 治療と仕事の両立支援助成金(制度活用コース)の手引き(令和元年度版)
  • 治療と仕事の両立支援助成金(制度活用コース)支給要領
  • )治療と仕事の両立支援助成金(制度活用コース)の概要
  • 申請様式のダウンロード(制度活用コース)
  • 「治療と仕事の両立支援助成金」に関するQ&A(共通)
  • 提出書類等の注意点 【治療と仕事の両立支援助成金(制度活用コース)】

・詳細はこちら ⇒https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1385/Default.aspx

  • 「ストレスチェック」実施促進のための助成金

従業員数50人未満の事業場が、医師・保健師などによるストレスチェックを実施し、また、ストレスチェック後の医師による面接指導などを実施した場合に、事業主が費用の助成を受けることができる制度です。

次の費用が助成されます。
助成対象 助成額(上限額) ストレスチェックの実施 1従業員につき500円 ストレスチェックに係る医師による活動 1事業場あたり1回の活動につき21,500円(上限3回)  500円と21,500円はそれぞれの上限額ですので、実費額が上限額を下回る場合は実費額を支給します。

(1)ストレスチェック実施促進のための助成金の手引き(令和元年度版)

(2)ストレスチェック実施促進のための助成金支給要領

(3)ストレスチェック実施促進のための助成金の概要

(4)申請様式とチェックリストのダウンロード

(5)ストレスチェック実施促進のための助成金に関するQ&A(共通)

・詳細はこちら⇒ https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1390/Default.aspx

  • 職場環境改善計画助成金

新制度の運用開始が令和元年7月となっています。詳細が確認され次第お知らせいたします。

  • 心の健康づくり計画助成金

事業主の方が各都道府県にある産業保健総合支援センターのメンタルヘルス対策促進員の助言・支援に基づき心の健康づくり計画を作成し、計画を踏まえメンタルヘルス対策を実施した場合に助成を受けることができる制度です。

次の費用が助成されます。

助成額(上限額)
一企業につき一律10万円を将来にわたって1回に限り支給         

・詳細はこちら⇒ https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1403/Default.aspx

  • 小規模事業場産業医活動助成金(産業医コース)

小規模事業場が産業医の要件を備えた医師と産業医活動の全部又は一部を実施する契約を締結し、実際に産業医活動が行われた場合に実費を助成するものです。

次の費用が助成されます。

助成額(上限額)
一事業場につき6か月当たり10万円を上限とし、将来にわたって2回を支給

・詳細はこちら⇒ https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1405/Default.aspx

  • 小規模事業場産業医活動助成金(保健師コース)

小規模事業場が保健師と産業保健活動の全部又は一部を実施する契約を締結し、実際に産業保健活動が行われた場合に実費を助成するものです。

次の費用が助成されます。

助成額(上限額)
一事業場につき6か月当たり10万円を上限とし、将来にわたって2回を支給

・詳細はこちら⇒ https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1408/Default.aspx

  • 小規模事業場産業医活動助成金(直接健康相談環境整備コース)

小規模事業場が産業医と締結する産業医活動契約、又は保健師と締結する産業保健活動契約のいずれかに、契約した産業医又は保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した条項を含めた場合に助成するものです。

次の費用が助成されます。

助成額(上限額)
一事業場につき6か月当たり一律10万円を将来にわたって2回に限り支給

・詳細はこちら⇒ https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1412/Default.aspx